2021年・年頭のご挨拶

2020年 大変お世話になりました

2021年が 皆さんにとって 良い年になりますように

本年も よろしくお願いします

 楽しいお正月をお迎えでしょうか。
 昨年の流行語大賞のトップテンには新型コロナウイルス関連から、「アベノマスク」、「GoToキャンペーン」などがノミネートされ、年間大賞には「3密」が選ばれました。
 もう少しコロナに用心する日々が続くかもしれませんが、一日も早いコロナ収束を祈っています。
 このコロナ感染症は経済機能が集中する大都市部のリスクを顕在化させたほか、「新しい生活様式」に取り組む中で、働き方においても、テレワークやオンライン会議が普及し、首都圏の人々を中心に、地方移住の関心が高まっています。
 ピンチはチャンス。人口減少をはじめ、山口県が直面する課題を克服し、未来を切り拓いていくため、本県の強みを活かし、潜在力を引き出していく施策の展開が求められています。
 人権・環境や景気・雇用、教育問題、社会保障、食の安全性の問題、老朽化するインフラ、防災対策など、難問が山積している中、市民の皆様の生活の安心・安全を守る役割を果たすことが責務だと自覚し、頑張りたいと決意を新たにしています。
 また、今年は必ず解散総選挙が行われます。
大都会への過度な集中と地方の疲弊、社会保障費を削りながらの防衛費の8年連続増額、格差の拡大など、大企業と富裕層のための政治から、働く者・生活者のくらしが最優先される政治に変える努力を市民の皆さんと共に頑張りたいと思います。
 新しい年が 市民の皆さんにとって良い年でありますように!